12月8日(火)【台本を読む、非日常を体験“劇団SPAC リーディングカフェ”】を開催いたしました。

最新情報

12月8日(火)【台本を読む、非日常を体験“劇団SPAC リーディングカフェ”】を開催いたしました。

大好評講座!劇団SPAC俳優、奥野晃士さんによる「リーディングカフェ」が開催されました。
今回読む戯曲はマヌエル・プイグの『薔薇の花束の秘密』。現代社会の息苦しさをたくみに表現した名作です。病室で出会った愛する人を亡くした2人の女性が、過去にさかのぼり、心のわだかまりと向き合っていくというストーリーです。
参加者の皆さまには、役者になりきって台本を回し読みしていただきました。日常から少しだけ離れて演劇の世界に身を投じ、リフレッシュしていただけたことと思います。今回も奥野さんのエネルギッシュなワークとトークで、共に交流を楽しみました。

<参加者の声>
・初めての参加でしたが楽しむ事ができました。自分の生活圏を少し出た世界を覗けたようで、平日の夜に思いがけず刺激的な体験ができました。
・リーディングカフェの常連です。自己紹介に一時間を費やすことでおなじみですが、どんな方が参加しているのかその人となりを知ってからやることの意義は大きいと思います。前回と今回との自分自身の違いを確認できるのも、大きな意義になっています。程よい緊張感があるのもまた嬉しいです。
20151208リーディグカフェ

現在のページ:HOME最新情報