講座案内:地域社会と繋がる学部 - 静岡の芸術に触れる!非日常を体験! 劇団SPAC【リーディング・カフェ】

講座案内

静岡の芸術に触れる!非日常を体験! 劇団SPAC【リーディング・カフェ】

 

地域社会と繋がる学部

特別講座

奥野晃士劇団SPAC(静岡県舞台芸術センター)の俳優 奥野晃士さんによる作品解説を聞きながら、お茶を片手に演劇の台本を声に出して読みます。普段演劇を観る機会のない方も大歓迎。役になりきり、声を出すと前頭葉が活性化します。
講師: 奥野晃士
 劇団SPAC(静岡県舞台芸術センター)俳優

●前回の講座の様子はこちらをご覧ください。

講座名 初めてでも大丈夫!俳優と一緒に台本を読む 非日常を体験!【劇団SPAC リーディング・カフェ】
日時 2016年9月8日(木)19:00~21:00 ※終了いたしました
詳細 今回読む作品は、劇作家また脚本家でもあるマキノノゾミさんの作品「高き彼物(たかきかのもの)」です。 昭和53年の夏。SLの汽笛が聞こえる静岡県川根町の雑貨屋「猪原商店」が舞台。 友人をバイク事故でなくして失意に沈む高校生と、彼を励し続ける元高校教師とそれを取り巻く人々の人間模様が描かれた物語です。 SPACの新作でもあるこの戯曲を、楽しいトークを交えながら声に出して読んで、非日常を体験してみませんか?
受講料 1,500円 ※当日会場でお支払いください
定員 10名 
会場 うるおいプラス教室
講座申し込みはこちら
ページのトップへ

現在のページ:HOME講座案内