ブックタイトル14hint

ページ
17/36

このページは 14hint の電子ブックに掲載されている17ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

14hint

ふじのくに なでしこ企業100 宣言事業17クローズアップ 企業の成長を握るのはAコミュニケーションは重視していますね。わが社はI T 企業であるため、ネット上でコミュニケーションをとることが多くなるのですが、自社開発の社内SNS、「nanoty」を使って、ネット上でも「気持ち」が感じられるコミュニケーションをとることができています。また、個人的には、社員と同じスペースで仕事をしたり、ランチを食べたりなど、リアルでも積極的に交流することを大切にしています。『イクボス』とは。職場で共に働く部下・スタッフのワークライフバランス(仕事と生活の両立)を考え、その人のキャリアと人生を応援しながら、組織の業績も結果を出しつつ、自らも仕事と私生活を楽しむことができる上司“経営者や管理職”のこと。女性管理職も含まれます。1. 理解現代の子育て事情を理解し、部下がライフ(育児)に時間を割くことに、理解を示していること。2. ダイバーシティライフに時間を割いている部下を、差別(冷遇)せず、ダイバーシティな経営をしていること。3. 知識ライフのための社内制度(育休制度など)や法律(労基法など)を、知っていること。4. 組織浸透管轄している組織(例えば部長なら部)全体に、ライフを軽視せず積極的に時間を割くことを推奨し広めていること。5. 配慮家族を伴う転勤や単身赴任など、部下のライフに「大きく」影響を及ぼす人事については、最大限の配慮をしていること。6. 業務育休取得者などが出ても、組織内の業務が滞りなく進むために、組織内の情報共有作り、チームワークの醸成、モバイルやクラウド化など、可能な手段を講じていること。7. 時間捻出部下がライフの時間を取りやすいよう、会議の削減、書類の削減、意思決定の迅速化、裁量型体制などを進めていること。8. 提言ボスからみた上司や人事部などに対し、部下のライフを重視した経営をするよう、提言していること。9. 有言実行イクボスのいる組織や企業は、業績も向上するということを実証し、社会に広める努力をしていること。10. 塊より始めよボス自ら、ワークライフバランスを重視し、人生を楽しんでいること。社内の雰囲気作りで意識していることはA今の学生は素晴らしいと思います。昔の学生よりも社会性が高いし、優しい考え方をする。でも、優しく、優等生であるがゆえに、少々こぢんまりとしがちな印象があります。ですから、リクエストをするなら「でっかい夢を持て!」ということですね。ベースとなるものはしっかりあるのだから、周りの人たちが呆れるような大きな夢を持ってほしいです。若いのだから、もっとめちゃくちゃでもいい。自分はそういう若い人を応援したいし、一緒に世の中をより良く変えていきたいと思っています。今の学生に求めることA私自身は「育メン」ではありません(笑)。軍人だった父の影響から、「男は仕事、女は家事・育児」という考えでやってきたので。でも、今は「家事や育児ができない男性はモテない」とも言われるような世の中ですし、対応は考えています。我が社にも子育て期の男性社員がいるので、彼らの意見を聞きながら、女性社員や専門家の力も借り、しっかりとした制度を作っていきたいと思っています。男性の育児についてどう思うかQQ Q『イクボス10か条』??????かっこいいイクボスは、「育休」を「休んでいる」とは言わない。※イクボス10か条 NPO法人ファザーリング・ジャパン 安藤哲也さんが提唱?????????????????????????? ????????????????????????????私が取材しました!! 工藤 甫哉静岡県立大学経営情報学部4年学生Q&A私が回答しました!! 松田社長